イベント

1月10日開催♪チャペルコンサート vol.40
寺久保エレナ 「LITTLE GIRL POWER」

反響のよい空間で、アーティストと近い距離で音楽に触れられる、好評のチャペルコンサート。

40回目となる今回は、北の大地が生んだ、ニューヨーク在住の若きサックスプレイヤー・寺久保エレナ初のレギュラー・グループによるアルバム『LITTLE GIRL POWER』の発売を記念したコンサートを開催いたします。

書き下ろしのオリジナル曲を中心に、ジャズのスタンダードなナンバーを織り交ぜたアルバムのタイトルには、女性へのエールと、世界中から人々が集まるニューヨークで生きる寺久保自身を見つめた“LITTLE GIRL(体格の小さい女性)”の“POWER”という意味が込められています。
18歳の若さでデビューを果たした寺久保を筆頭に、片倉真由子・金森もとい・高橋信之介と、日本のジャズ・シーンにおいて要注目のプレイヤー達が集まった「寺久保エレナ・カルテット」によるジャズの世界を、存分にお楽しみいただけます。

米ジャズの現場で進化し続ける寺久保エレナの”今”の音を体感していただけるコンサートです。
この機会にぜひご体感ください。

 


■出演

<寺久保エレナ・カルテット>
寺久保エレナ(アルト・サックス)
片倉真由子(ピアノ)
金森もとい(ベース)
高橋信之介(ドラムス)


 

■ご予約・お問い合わせは 宴会予約
TEL.082-240-5111 (10:00~18:00 日曜定休)

印刷用PDF

予約する(ぐるなび)

日時 2019年1月10日(木)
開場 19:00 / 開演 19:30
会場 3F チャペル
料金 前売 4,500 円 / 当日 5,000円 (+1DRINK 500円)
※学生証提示で2,000円引きの学生優待がございます。
アーティスト ■寺久保エレナ Erena Terakubo アルト・サックス
1992年札幌生まれ。6歳でピアノ、9歳からサックスを始める。札幌ジュニア・ジャズ・オーケストラに参加。13歳の時、最年少でボストン・バークリー・アワードを受賞。渡辺貞夫、山下洋輔、日野皓正、佐山雅弘、本田雅人、タイガー大越、TOKU、エディー・ゴメス、向井滋春など有名ミュージシャンとの共演やセッションに多数参加。2010年、高校3年生の時に、ケニー・バロンやクリスチャン・マクブライドが参加した『ノース・バード』でメジャー・デビューを果たし、一躍大きな注目を集める。2011年、2枚目のアルバム『ニューヨーク・アティチュード』をリリース。同年、日本人初のプレジデント・フルスカラーシップ(授業料、寮費免除)を獲得して、アメリカのバークリー音楽大学に留学。2013年、第3作『ブルキナ』を発表。2015年バークリー音大を卒業し、活動の拠点をニューヨークに移す。2016年、アルバム『ア・タイム・フォー・ラブ』をカナダのCellar Liveからリリース。2018年、札幌のテレビ局HTBに開局50周年記念テーマソングを提供。3月、初めてのレギュラー・カルテットによるリーダー・アルバム『リトル・ガール・パワー』をキングレコードからリリース。

■片倉真由子 Mayuko Katakura ピアノ
宮城県仙台市出身。洗足学園短期大学を卒業後、バークリー音楽大学、ジュリアード音楽院に留学。留学中より、ハンク・ジョーンズ、ドナルド・ハリソン、 カール・アレン、ベン・ウォルフ、エディ・ヘンダーソン、ビクター・ゴーインズ、ドミニク・ファリナッチらと共演する。2006年、Mary Lou Williams Women In Jazz Piano Competitionで優勝、Thelonious Monk International Jazz Piano Competitionのセミファイナリストに選出される。2008年に帰国し、現在は自己のトリオ、クインテットをはじめ、山口真文、伊藤君子、竹内直、土岐英史、北川潔トリオのグループなどで活動中。09年、リーダー・アルバム『インスピレーション』をリリース、ジャズディスク大賞ニュースター賞を受賞。10年セカンド・アルバム『フェイス』、15年には第3作『The Echoes Of Three』をリリースした。洗足学園音楽大学非常勤講師。

■金森もとい Motoi Kanamori ベース
京都府出身。高校時代アメリカ留学時にベースを手にし、群馬大学在学中からウッドベースを始める。東京工業大学大学院を卒業するも、ジャズベーシストの道を選択する。2012年に小林陽一グループに参加し、Vincent Herring 、Eric Alexander 等とのレコーディングやツアーを経験する。14年徳田雄一郎グループで中国泉州、15年中村恵介クインテットで中国上海、16年には与世山澄子グループに参加し台湾で演奏。現在は、自己のトリオをはじめ、モンクストリオ、中村恵介クインテット、熊谷泰昌トリオ、川嶋哲郎グループ、南博トリオ、江藤良人トリオ、大井貴司カルテットなど、様々なグループで活躍中。

■高橋信之介 Shinnosuke Takahashi ドラムス
1978年神奈川県生まれ。洗足学園短期大学ジャズコース在学中より演奏活動を開始。99年卒業後、山下洋輔、辛島文雄、宮之上貴昭、伊藤君子等のグループに参加。02年、初リーダー作『ルミネーション』発表後、活動の拠点をニューヨークに移す。小曽根真 No Name Horses、Don Friedman、Grady Tate、Eric Person、Eric Lewis、Jon Davis、John Di Martino、Marcus Printup等のレギュラー・ドラマーとして活躍する他、秋吉敏子、Lew Tabackin、Freddy Cole、Paquito D'Rivera等多数のミュージシャンと共演、レコーディングに参加。
11年、リーダー・アルバム『Blues 4 Us』を発表。16年、活動の拠点を再び日本に移す。
アルバム
概要
『LITTLE GIRL POWER』 寺久保エレナ
初めてのレギュラー・グループ「寺久保エレナ・カルテット」によるスタジオレコーディング。
オリジナル曲4曲とスタンダードナンバーで構成。

全12曲収録
定価 3,000円+税
KICJ-778 2018年3月7日発売
販売元 KING RECORDS

[収録曲]
01.リトル・ガール・パワー
02.マーマデューク
03.ロッキー
04.ラヴァー・マン
05.ラヴァー
06.ジューシー・ルーシー
07.イントロダクション・トゥ・ア・サンバ
08.サンシャイン
09.ウィンター・ファイアワークス
10. バード・リヴズ
11.星に願いを
12.ハイタッチ《ボーナス・トラック》

協力:ジャムライス

CLOSE